掲載日:2018年8月1日更新

レンタルWiFi
グローバルモバイルについて

レンタルWiFiグローバルモバイルに申し込みして良かったのか?クチコミや評判、利用レビューを元に解説

グローバルモバイルとは

グローバルモバイルは国内・海外でのWi-Fiルーターレンタルサービスや、海外携帯電話レンタルサービスを提供している会社で2018年11月に創業13年を迎えます。

東京飯田橋に本社を構え、ハワイ・ワイキキのTギャラリアハワイの6階には、ハワイ支社があります。

ハワイ支社ではWiFiルーターの受取り・返却の他、マップルと業務提携をして現地のお得情報やレストランの予約などのサービスも行っています。

海外の地域別に専用Wi-Fiルーターを用意し、独自な料金プランと質の高いネット環境を提供しています。

「グローバルWi-Fi」というレンタルWi-Fiがありますが、「グローバルモバイル」とは別の会社です。名前が似ているので混同してしまいがちなので、申し込もうとしているのが「~Wi-Fi」なのか「~モバイル」なのか明確に把握しておく必要があります。

グローバルモバイル利用者の評判と利用レビュー

グローバルモバイルを何度か利用していますが、不自由なく快適にインターネットを使っていました。

山梨のキャンプ場に持って行ったり、帰省のときは必ず借りています。

過去に利用した時のレビューブログはこちら

国内でのサービスも展開中

国内に居てもWi-Fiが必要な場面に遭遇します。

どんな時に必要なのか・・・?

  • Wi-Fiの無い実家への帰省
  • キャンプやコテージでの宿泊
  • 研修、出張先での利用
  • 海外からの一時帰国
  • 日本へ観光に来ている外国人
  • インターネット回線の工事が済んでいない引っ越し先

最大5台まで接続できるので、グローバルモバイル一台あれば数人で利用することができます。

グローバルモバイル(国内)の注意点

  • 宅急便のため受け取りのサインが必要で、宅配BOX以外への投函は出来ない。
  • どうしても受取れない場合は不在票で再配達をしてもらう。
  • 航空搭載できない商品のため沖縄県への発送は行っていない。
  • 空港受け取りは指定の空港でのみ可能。
  • 受付はオンラインだけで電話申し込みはできない。
  • 支払方法はクレジットカードのみ。※デビットカード・プリペードカードは不可
  • 空港では返却窓口や専用ポストがないので、郵便窓口かポスト投函で返却

ここで分かるグローバルモバイルの難点は、沖縄県在住者の自宅発送が難しく、クレジットカードを持っていない未成年者も利用することができないという点です。

指定の空港

  • 成田国際空港内第一ターミナル QLライナーカウンター
  • 成田国際空港内第二ターミナル QLライナーカウンター
  • 羽田空港国際線ターミナル JALエービーシーカウンター
  • 中部国際空港セントレア分室郵便局
  • 関西国際空港ターミナルビル内郵便局

グローバルモバイル(国内)の特徴

  • データ使用量無制限なので利用したデータ量によって料金が追加請求されることがない
  • 約10時間の連続通信が出来る大容量バッテリー搭載
  • テレビチューナー機能付き(TV機能の無いスマホやタブレットで、フルセグやワンセグ放送が楽しめる)
  • 往復送料(1,080円)無料キャンペーン実施中!(7日間以上のご利用の場合)
  • 1日480円(税込)、マンスリープランなら1日あたり200円(税込)1か月6000円
  • USBカーチャージャー無料レンタル
  • 5台まで同時接続 OK
  • 平日は17:00、土日祝日は16:00までの申し込みで即日発送が可能!
  • 最短で翌日午前中に手元へ届く
  • ヤマト運輸で宅配(ヤマトの伝票番号追跡
  • 各空港受取は前日14:00までの申し込みで翌日の午前中に受取り可能
  • 終了日翌日にポスト投函で返却(返却用レターパック同封)
    ※翌日の消印有効

当日発送の時間内であれば、申込から商品発送までの対応が速いです。

早い段階で商品発送メールを受け取ることができるので、安心して出発当日を迎えることができます。

Wi-Fiルーターが手元に届いてから返却までの流れ

WEBページで申し込み

郵送で自宅に届く
(空港や指定の場所で受取り)

Wi-Fiルーターの電源を入れPC、タブレット等をWi-Fiに接続
(接続に必要なWEPキーは、ルーター本体裏面に記載)

インターネットを使い放題

同封されていた返却用レターパックにルーター(オプション品)を入れる

ポストに投函し返却完了

利用開始の日はいつにするのがベストか

旅行や出張等が「8月1日~8月6日」だった場合。

利用開始日を出発日の「8月1日」にしてしまいそうですが、商品が届くのは一番早くて利用開始日の午前中となっています。

「8月1日」の家を出る時間が午後12時以降であれば、利用開始日はこの日でもいいと思います。(ギリギリですが。)

その日のヤマト運輸の午前中の荷物状況にもよるので、もしかしたら午前中の配送で、あなたは最後になる可能性もあります。

そんなギリギリの賭けをして、遅刻するかWiFiルーターを受取れないかでハラハラするよりだったら、余裕を持って前日の「7月31日」を利用開始日として、WiFiルーター受取っておいた方がベストです。

返却は終了日の翌日ポスト投函で大丈夫なので、そのまま「8月6日」にし、帰宅後ゆっくり荷物を整理して、翌日ポストへ向かいましょう。

ポスト投函返却についての注意点

返却は「終了日の翌日でOK」とありますが、例えば「8月1日~8月6日」で申し込みをした場合、終了日が「8月6日」となるので、その翌日の「8月7日」までにポストへ投函すれば返却完了となります。

ここで注意しなければいけないのが、「8月7日」だったらいつでも良いわけではなく、終了日翌日の消印有効です。

投函したレターパックが「8月7日」までに集荷されて郵便局へ運ばれ、「8月7日」の消印が押されないといけません。

ポストの横にも集荷時間が記載されていますが、ポストマップというサイトで近所のポスト集荷時間を確認することができます。

早めに集荷される場合もあるので、延滞料金が発生しない為にもギリギリの投函は避けた方が無難です。

どうしても間に合わない場合は、24時間営業している郵便局に直接持って行けば、日付が変わる時間まで当日の消印を押してくれるそうです。

 
ちなみに電話やネットから郵便局の集荷サービスを無料で利用することができます。

申込みが可能な時間帯や集荷受付の締め切り時間はこちらで確認してください。

集荷サービスについての詳細はこちら

利用料金について(国内)

1日480円(税込)、マンスリープランなら1日あたり200円(税込)で1か月6,000円ですが、13日間以上利用する場合は、マンスリープランの方がお得です。

480円×12日間=5,760円
480円×13日間=6,240円

13日間以上の申し込みは自動的にマンスリープラン(6,000円)が適応されます。

延長1日につき200円

料金は利用開始日(商品が届いた日)から利用終了日までの日数で計算します。

往復の送料は別料金で、全国一律1,080円(複数台OK)ですが、7日以上はキャンペーンにつき無料となっています。※2018年8月現在

申し込み前に料金チェックのシュミレーションができます。

スマホ画面

ページ右下の「料金チェックシュミレーション」タップするとページがスクロールします。

PC画面

スクロールされた画面で、利用する日にちとオプションの有無を選択すると、合計金額を確認することができます。

スマホ画面

PC画面

選択するだけで自動で料金が出ます。

今すぐチェック

追加オプションの料金と補償について(国内)

安心補償 200円/1日

(レンタル日数)×(安心保障1日利用分200円)なので、レンタル日数が多いと、意外に値段が高くなり、補償を付けるか悩みます。

キャンプなどのアウトドアや、夜飲みに出る時に持ち歩く場合は、補償を付けた方が安心だと思います。

帰省や引っ越しなど、室内で使うことが多い場合は、失くすことも壊すこともないと思うのでいらないでしょう。

USBカーチャージャーの紛失料金(1,000円)と、ポケトークの紛失料金(30,000円)は適用されないし。

とは言うものの紛失、破損などのトラブルは、あなたの意に反して突然起こります。

未加入の場合 安心補償(200円/1日)※賠償金の50%
本体の紛失・破損 40,000円 20,000円
予備バッテリーの
紛失・破損
3,000円 1,500円
アダプター・USBコードの
紛失・破損
1,000円 500円

補償を付けていたとしても、紛失した場合は2万円。

付けていなかったら倍の4万円という驚きの金額。

所持品の管理に自信が無い場合は必要です。

予備バッテリー 100円/1日

充電の差し口がAndroidと同じなので、スマホの予備バッテリーを持っていたら不要。(Androidユーザー)

ポケトーク 480円/1日

世界50言語以上に対応した話しかけるだけで通訳してくれるデバイスです。

ポケトークを実際に使っている様子をYouTubeでみることができます。

さんまさんがイメージキャラクターを務めています。

申込み内容の変更について

利用開始日の3日前より変更手数料1,080円(税込み)が発生します。

変更できる内容は「配送先・受取方法、利用期間、オプションの追加・取消」です。

変更内容(手数料発生) 4日前~ 3日前~
配送先   0円  1,080円(税込み)
受取方法  0円  1,080円(税込み)
利用期間  0円  1,080円(税込み)

オプションの追加・取消は、利用開始日の4日前まです。(手数料無料)3日前になると追加・取消はできません。

安心補償の追加に関しては、利用開始日の前日まで可能です。取消は上記と同じ条件です。

変更内容(手数料無料) 4日前~ 3日前~
オプションの追加・取消  可能(手数料無料)  不可
安心補償 利用開始日の前日まで追加可能(手数料無料)

変更した配送先によっては、利用開始日までに間に合わない場合がありますが、返金対応はしていないので、変更がある場合は早めに連絡をするようにしてください。

WiFiルーターや付属品を紛失してしまった場合

株式会社グローバルモバイル

キャンセルについて

未使用の場合のみ受け付けていて、利用開始日の3日前よりキャンセル手数料が発生します。
1台につき1,620円(税込)

利用開始日当日以降にキャンセルが発生する場合は「キャンセル手数料」+「日数分レンタル料金※1」が請求されます。
※1、グローバルモバイルが連絡を受けた時点(第三者からの連絡を含む)

申し込みは公式ページから

利用する期間が決まったら申し込みましょう。

グローバルモバイルの公式ページ:http://www.gmobile.biz/

申し込みで記入する項目

  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • プランの選択(1か月未満は「終了日指定」を選択)
  • 利用台数
  • 利用開始日
  • 利用終了日
  • 各オプションの有無
  • 受け取り方法
  • 連絡事項(必要な場合に入力)

おわりに

グローバルモバイルはレンタルWiFiの中で最安値に近い値段で利用できますが、オプションによっては他社より値段が張る場合があります。

予備バッテリーに関しては、オプションにするよりAmazonで買った方が割に合っているので、本当に必要なオプションだけを追加してください。

また、申し込みの際は下記の点に注意してください。

  • 支払い方法はクレジットカードのみ
  • 沖縄県への発送は不可
  • 受付はオンラインのみ

あとは、利用中の紛失・故障にさえ気を配っていれば問題ないでしょう。

申し込み前にしっかり確認して、お得にレンタルWiFiを借りましょう。


海外専用レンタルWiFiのお申し込みはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加