オシャレ旅行パスポートについて海外旅行

整形してパスポートの写真と違う顔になっても大丈夫です

2018/04/28 2018/05/18

いくつになっても美しくいたいというのが女性の願い。

美容をする外国人

美容整形そろそろしようかしら、なんて考えている人もいるのでは?

でも整形したらパスポートの写真はどうしたらいいの??
顔が違うって言われて入国出来なかったら??
パスポートの再申請しなきゃいけない?

という悩みを今回解決していこうと思います

数回の手術では別人にならない

パスポートと言ったら「外務省」ですが、外務省は美容整形のことに詳しくないので、美容整形クリニックの先生からお話を聞いてみましょう!

実はこの疑問を解決してくれる動画があります

美容整形で有名な高須クリニックの高須幹弥先生が動画をUPしてくれています。

YouTubeチャンネル/高須幹弥

動画の結論から言うと整形しても全く問題ありません。

先生いわく、今まで美容整形をして入国審査で引っかかった、入国できなかったと言われたわれたことは一度もないとのことです。

その他の内容

  • 美容整形で顔は変わるけど別人になるくらい変わるには、相当手術をしなければいけない
  • 美容整形で顔が変わる度合いよりもメイクの方が顔が変わる度合いが大きい
  • 美容整形をしなくても10年たてば老化するし体重の増減で顔の輪郭も変わる
  • 希望があれば診断書を書く
  • 術前術後の写真をカラーコピーで渡すこともできる

こちらのページでも見ることができます。

「パスポートの写真は凄く精度の高い写真ではないそのたった1枚の写真ですよ」とも言っていました。

確かにそうなんですよね。

もはやパスポート写真の意味あるのかって感じですが、一般の人が写真を見て本人確認をするためだけのものなのかと思い始めました。

入国審査で見るポイント

入国審査での本人確認をするためのガイドラインは分かりませんが、おそらく写真の重要性はそこまで高くないのかもしれませんね。

入国審査以外の、役所だったり、お店とかで本人確認をするための写真なのかと。

日本の場合ですが、入国拒否になる理由は5つあります。

引用

  1. 保健・衛生上の観点から上陸を認めることが好ましくない者
  2. 反社会性が強いと認められることにより上陸を認めることが好ましくない者
  3. 我が国から退去強制を受けたこと等により上陸を認めることが好ましくない者
  4. 我が国の利益又は公安を害するおそれがあるため上陸を認めることが好ましくない者
  5. 相互主義に基づき上陸を認めない者

入国・帰国手続<上陸拒否事由(入管法第5条)より
出典:入国管理局

これは国によって違いますが、日本ではこの5つの理由で入国できないことになっています。

パスポートの写真と顔が違うのは、どの項目ですかね??

写真と顔が違うというより、偽造パスポートやなりすましをしている人を見分けているのだと思います。

  • 日本人になりたい外国人
  • 日本を脅かそうとしている工作員
  • 日本人のフリをしたテロリスト

とかですかね??

そういう人たちは、おそらく独特な雰囲気を出しているので入国審査官は分かるのでしょう。

他の国はもっと厳しい内容かもしれませんが、これを他の国に置き換えても、その国の入国審査官は不審者を見分けられると思います。

だからキレイになりたくて美容整形で顔が変わってしまった人と、何か悪いことを企んで他人になりすまして顔を変えた人とではオーラが違うのでしょう。

こころおきなくキレイになってください

韓国で整形をしたら出国できなくなった?

韓国で整形をした中国人女性が出国審査で本人確認が出来なくて帰国ができなかった、というニュースがありました。

YouTubeチャンネル/從台灣看見世界的故事

日本語記事はこちらから

せっかく不安が解消されたのに。。と思うかもしれませんが、実はこれフィクニュースの可能性が大きいです。

それにしても 痛々しい

韓国では2012年から外国人入国者に対して指紋採取を実施しています。

そして出国時には指紋照合で本人確認をているので、パスポートの写真と顔が違っていても出国できないということはないのです。

korea

ということは、やはりフェイクニュースでした。

おわりに

何を基準に本人確認をしているのかが分からないので決定的なことは言えませんが、整形をして別人になるには相当な金額と根気が必要なので、二重にしたくらいでは問題ないという結論に至りました。

カラコンで入国審査を心配する方も多いのですが、整形やカラコンよりも化粧で一番顔が変わります。

「カラコンを付けて入国審査した結果」でも書きましたが、私がハワイに入国した時は、パスポートの写真とだいぶ違いました

パスポートの写真 入国審査時
髪型はボブ ロングヘアー
前髪なし 前髪あり
化粧バッチリ スッピンでフライト疲れ顔
肌年齢20代 ストレスで肌年齢36歳
目の色ブラウン 目の色ヘーゼル

これ初対面の人だったら別人の域ですよね

前髪の有無や髪の長さが違うだけでも充分変わるし表情でも顔が変わります。

気が抜けてる顔と気合いが入ってる顔、全然違います。

鏡で見てる自分の顔と、不意打ちで撮られた顔が違うのはそのためです。

10代から20代への老化というか成長もそうですが、育ち盛りやストレス過多での変貌ぶりも大きいですからね。

なので美容整形うんぬんの前に顔の変化は常に起きています。

私の経験談よりも入国審査官のお言葉が欲しいところですが、入国審査官が見ているのは顔だけではないということです。

そして、別人になるくらい美容整形を重ねる予定だ、もしくは既に別人の顔になっている場合は、美容整形外科で診断書を出してもらえば、入国審査は問題ないでしょう

美しくなるための財力と気合いがある方はその願いをかなえてください

それでは楽しい旅行になりますように*・゜

*・゜いってらっしゃいっ*・゜

チェルシー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FOREO:クレンジングとエイジングケアに特化した洗顔とスキンケアの世界リーダー

毛穴に詰まった皮脂汚れの99.5%を除去!低周波振動で肌にハリを


アメリカで人気の高いサプリやコスメなら【サプリデイズ】
取り扱い商品は、すべてメーカーと直接取引!「安心」「納得」の30日保証


銅技術を用いたスマートファブリックで寝ながらエイジングケア
つけて眠るだけで簡単にできる新たなスキンケア方法


効果を実感できるレーザー脱毛器。トリアで憧れのツルすべ肌を。
自宅でできる脱毛ケアとアンチエイジングケア


「リライフクラブ」女性のための化粧品買取サービス
送料や買取金額の振込手数料、包装キットが無料!


整形してパスポートの写真と違う顔になっても大丈夫です” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です