eチケット(航空券)旅行する前に海外旅行

eチケットを印刷しないとどうなるの?

2017/09/14 2018/08/06

チケットというと、紙で出来た「券」を想像しませんか?

「eチケット」とは「electronic(電子)」が「e」と略された呼び名で、日本語では「電子チケット(電子航空券)」という意味です。

eチケットについての詳細はこちら

今までの海外旅行で、eチケットを印刷しなくても大丈夫だったことが多かったし、ハワイは観光客も多くて空港のセキュリティーも進んでいるはずと思い「eチケットを印刷しなくてもイイかな?」なんて考えていましたが、今回の旅行でそのような浅はかな考えは、今後改めようと反省することとなりました。

そこでどんな目に逢ったかをご一読下さい。

出国の際

チェックインカウンターで、「eチケットの控えはありますか?」と聞かれました。

私は印刷してなかったので「ありません」と答え、その場は終わりました。

前は印刷してくれたんですけど(数年前)今回はもらえませんでした。

「ま、いっか」と、気持ちはハワイでルンルンでした。

搭乗券も発行してもらい、手荷物検査をして出国審査へ向かいました。

ここでもらうチケットは「航空券(こうくうけん)」ではなく「搭乗券(とうじょうけん)」です。

※例えるなら、フードコートで注文し出来上がった商品と交換する、その場だけで使う一時的な札みたいなものです。説明がワケわかめなのでコチラをどうぞ。

出国のときは、「eチケットの控え」が無くても、「パスポート」と「搭乗券」だけで大丈夫でした。

チェックイン

手荷物検査

出国審査

を済ませ、私はルンルンMAXで飛行機に乗りました。

ハワイの入国審査にて

真顔の入国審査官にマニュアル通りな感じで淡々と尋問をされ、まず「何日滞在していつ帰るのか」と聞かれました。

そして「帰りのチケットはあるか」と聞かれ、私は「あります」と答えました。

「Show me」

「・・・。」

そういえば、印刷してなかった。

チェックインカウンターの人も控えくれなかったし!

入国審査官の人、かなり真顔で怖い・・

と、私は焦り出しました。

そっちの機械で私のパスポート情報を使って、確認できないのか?!と他力本願な思考にまでおちいりました。

この時の私の英語能力はTOEC290点とノリだけ。

しばらく海外旅行をしていなかったので、更に英語を話すことが困難になっていて、質疑応答にかなり手こずっている最中でのこの質問。

私は余計パニックに!

しかし、こんな状況の中でも私の頭の中では、どうすればいいのか、ということは決まっていました。

左手にスマホを持ち、入国審査官へ向け「エクスペディアで買ったからスマホでもいいですか?」と言いました。

多分この時の英語はかなりカタコトだったはず。「I buy for Expedia so SmartPhone is ok?」みたいなこと言ったと思います。。。

buyを過去形に出来てないから「今から買うのかよ!」って思われたかもしれない。笑

でもそんなことはどーでも良くて、とりあえず「スマホで見せてもいいか?」ということを私は伝えたかったのです。

そして伝わりました。

He said「Okay」 !

が、しかしこんな時に限ってiPhone充電切れのため、動きが激鈍のAndroidでの操作。

しかもハワイの空港は、フリーWiFiが無いのでドコモの回線でGmailを開く羽目に。

Why ホノルル\ (^O^)/

だからなのか余計遅い!

私のテンパリに拍車がかかります。

その間も真顔の入国審査官はコンピューターの画面に目を向け、私に冷たい横顔を見せる。。

んー、でもその横顔カッコいい!

いろんなことに動揺している私は、いつもだったらすぐ見つけられるメールも、なかなか見つけられず時間がかかる。

そう、エクスペディアの確認メールに貼りつけてあるURLから、旅程のページへ行こうとしていました。

iPhoneだったらエクスペディアのアプリ入れてるからすぐだったのにー!

探してる間もちょこちょこ尋問されて余計作業に時間がかかる。。。

スッピンだし入国審査官は見れば見れるほどイケメンに感じるし!といらないことを考えながら、ようやく旅程が記載してあるページにアクセス完了。

スマホを提示。

無事に入国審査終了。

っホ。。

英語が苦手なら絶対印刷していった方がいい

行く国や空港によっても違うと思いますが、eチケットを印刷するページさえ提示できれば大丈夫でした。

でも東南アジアは、eチケットを印刷していかないと入国出来ない国もあるようです。

実際行っていないのでなんとも言い切れませんが

今回の旅行はイロイロ準備不足だったので、こんなプチトラブルみたいなことになってしまいました。汗

安心して楽しい旅行をするには、準備万端が重要なポイントとなります。

こんな私を反面教師にしてください!

この記事を書くために印刷しなかったわけではないんですけど、今回の経験でeチケットは印刷した方が良いという結論に至りました。

逆に印刷しない理由はなんだろう?と考えてみました。

印刷機が無い、やり方が分からない、私みたいにちょっと抜けているか、めんどくさいとかですかね?

  • 印刷機が無い
    コンビニで印刷する
  • やり方が分からない
    ググる 「eチケット 印刷 方法」とか
  • ちょっと抜けている
    出発前までにやることのリストを書いて、目につくところに貼る。完了したものには線を引いてチェック
  • めんどくさい
    もし入国出来なくても自己責任。同行者に迷惑をかけないように心がける

私が偉そうに言える立場ではないんですが、印刷する手間よりしなかった時に起こる最悪の事態の方がリスクがあるので、印刷できるならしておいた方がいいと思います。

いえ、印刷しましょう!

「印刷し忘れた。空港ナウ・・・」

という状況の方はまず、深呼吸をしましょう。

空港で印刷できるので、インフォメーションで印刷出来る場所を聞いて下さい。

eチケットの控えが無かったから入国出来ないということは無いとは思います。

しかし、入国審査官の気分?でいろいろ質問されて時間がかかってしまう可能性もあるので(多分)、印刷しておくことは大事です!※私は6割彼らの気分だと思っています。

なので、近くのコンビニへ行って印刷してきてください

各コンビニにある、コピー機の使い方のページに直ぐに飛べるリンク一覧を作りました。

各コンビニのマルチコピー機へのページリンク

セブンイレブンのマルチコピー機に導入されているnetprintのページ
┗ セブンイレブン
ミニストップ
デイリーヤマザキ
ポプラ
ココストア
スリーエフ

下記5社のマルチコピー機に導入されているネットワークプリントサービス

※ネットワークプリントサービスを利用するには会員登録(無料)が必要です。

ファリーマート
ローソン
サークルKサンクス
セイコーマート
セーブオン

全国のコンビニのコピー機リンクを貼り付けようと思ったんですけど、ものスゴイ数があったので、後で追記しておきます。

上記以外のコンビニの場合でも、ほぼコピー機が導入されていると思いますが、一応その有無は確認してください。

コンビニじゃなくてもコピー機を置いてるデパートなどあるので、近所にあるかググッてみてください。

[検索ワードの例]
「印刷機 住んでる地域名 」

「コピー機 デパート名やスーパー名」

おわりに

「eチケットを印刷しなくても大丈夫なのか」の答えは、「eチケットの印刷ページ(旅程記載のページ)を入国審査官に提示できれば大丈夫」です。

全ての空港で大丈夫かは分かりませんが、観光地の空港はほとんど大丈夫です。

ただし、スマホやタブレットの充電の状況だったり、通信状況でそのページへなかなかアクセスできない場合もあります。(今回の私のように)

オフラインで見れるように、スクショを撮っておくのなら、印刷してパスポートと一緒にしておいた方がいいと思います。

スマホやタブレットで提示するのは、その印刷した控えを無くしてしまったときの、最終手段だと考えておいた方がいいと思います。

旅行に慣れたとしても、印刷をして準備をしておくことをおすすめします

高いお金を払って安心安全を買うより、自分の出来ることから安心安全を確保してください。

それでは楽しい旅行になりますように*・゜

*・゜いってらっしゃいっ*・゜

チェルシー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リムジン送迎でハワイの美しいサンセットを満喫・・
ハワイ最大のディナー・クルーズ船「スター・オブ・ホノルル号」に乗ろう!


ハワイ専用レンタルWiFi
ハワイ情報誌やまっぷるオリジナルクーポンブックもプレゼント!


ワイキキでビザなし英語留学【Hawaii Palms English School】
あなたのハワイ留学生活を完全サポートします。


ハワイ香るノンシリコンシャンプー LILINA
ハワイのお花、「ピカケ」の香りで上質なバスタイムをお届け


ハワイNo.1旅行会社のJTBで安心して予約・滞在
$1500以上のご予約でランチクーポン プレゼント!


写真プリントのラクラク自宅受取やWEB写真保管もできる「Primii」
L版写真プリントが1枚5円で印刷できる格安プリント


 

eチケットを印刷しないとどうなるの?” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です