パスポートについてフリープラン旅行旅行する前に海外旅行

アメリカはパスポートだけじゃ入国できない?

2016/09/27 2018/04/25

「チェルシーさんのブログを読んで、海外旅行を決意したは良いんですけど、なんだかパスポートだけじゃダメっぽくないですか?」

「頑張ってパスポートを取ったけど、ビザも取らなきゃいけないの?」

「そんなこと一つも書いてなかったじゃないですかー!」

「そもそもビザって何ですか??」
「ESTAってなんですか?」

という声が、そろそろ出てきそうだったので、自分で自分を追い詰めてみました。笑

内容がまだ少なすぎてスミマセン。。
もっともっと皆さんに伝えなきゃいけないことがあるんですよね!

今回はESTAについての疑問を解決しよう!
ってことで、まずはビザについて何なのか軽くほじくっていくことにします。

ビザって何?

他の国へ入国するために必要な許可証です。

①観光ビザ②商用ビザ③学生ビザ④就労ビザなどがあります。

その許可証(ビザ)は入国審査の時に、皆さんがどのような人なのか審査する判断材料になっています。

面接の書類選考を通過した段階って感じが、ビザをもらった時ですかね

入国審査は面接って感じです。

でも就活の面接より合格率は高いでしょう!

パスポートがなくてもビザだけで行けるの?

残念ながら、行けません。

パスポートとは、 世界共通の身分証で、ビザは入国許可証です。

パスポートが無いと、ビザの取得ができないので海外旅行で最初に必要になるのはパスポートです。

どこの誰だか分からない人を海外には行かせられないし、国が認知していない人を入国させたくないってことです

国内でもいろんな場面で身分証って必要ですよね?

要は、海外旅行にはパスポート+ビザ とセットで必要ということになります。

海外旅行には絶対ビザが必要なの?

ビザが無くても入国出来る国もあります。

なんと!日本人パスポートはビザ無しで入国できる国が多いのです!

ビザを取得するのって結構面倒(らししい)です。このビザ免除は海外旅行者にとってはとても嬉しいです

おそらく日本人は暴力事件起こしたりせずお行儀良く観光するし、お土産を沢山買ったりとお金を使ってくれるので、ウェルカムな人種なのでしょう。笑

世界的に見て民度が高いと思われます。

だから入国許可証無しでも、身分証だけでOKって感じ?

私がドミニカ共和国に行ったとき、ビザを買う場所があって(なぜか空港で買うというビザだった)、その行列に並んでたら、門番?みたいな人に

「君は日本人だからビザを買わなくて良いよ」

って通されました。

嬉しかったけど、もっと早く教えて欲しかった。。

すごい列に並んだから。。ホントすごい時間かかった。。

でも事前に調べなかった私が悪い?笑

空港内にそういう表示があったかもしれないけど、英語さっぱりな私だから、とりあえず人の波に流されて並んでました。

時間は大事ですよ〜!

ビザが必要かはどうやって調べるの?

Google先生から教えてもらおう!

って、ググってここに辿りついたんですよね。申し訳ない!

参考の為に旅行で人気がある国を挙げておきます

でも滞在期間によって、ビザが必要になる場合があるので、外務省のHPでしっかり確認してください

タイは15日以上滞在する場合、ビザが必要になります。大体90日までの滞在はビザ不要です。

そういう詳細は下記に貼り付けておいたURLからチェックしてください。

投げやりスミマセン。笑

でも最終確認は絶対外務省のHPからしてください。

主な観光地
アメリカ本土 ESTA(エスタ)
ハワイ ESTA(エスタ)
グアム・サイパン 不要
カナダ 不要
イギリス 不要
フランス 不要
ドイツ 不要
トルコ 不要
今オーストラリア ETAS(イータス)
ニュージーランド ETAS(イータス)
韓国 不要
台湾 不要
タイ 不要
シンガポール 不要

ちなみに、グアム・サイパンはアメリカなんですけど、ESTA要りません。

けど、ESTA持ってる方が入国審査が早いらしいですよ

◆ビザ免除国・地域(短期滞在)外務省HP
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/tanki/novisa.html

ESTA(エスタ)って何?

アメリカに入国するために必要なビザの取得を免除するシステムのことです。

難しい呼び方では「電子渡航認証」と言います。 本来、アメリカに入国するためには、ビザを取得しないといけないのです。

がしかし、ビザ免除プログラム(VWP)参加国は、ESTAの認証を得ることで、アメリカに入国することができます。

2009年1月12日、アメリカの国土安全保障省(DHS)によって義務化された、ビザ免除プラグラムの一部です。

アメリカに90日以下で旅行する全ての旅行者(ビザ免除プログラム渡航者)は、アメリカ行きの飛行機や船に搭乗する前に、オンラインでESTAという認証を受けないといけないのです。

日本はビザ免除プログラム(VWP)に参加しているので、ビザは要らないけどESTAを取得してください。ということです。

例えるなら、会員制のお店で一見さんはお断りだけど、お店のFacebookに友達承認されたら来店OKだよ って感じですかね?

なんか、うまい例えが見つからないけどそんな感じです。笑

とにかく!ESTAは入国ビザではある(っぽい)けど、ビザほど手続きが面倒じゃないのです!

ビザは書類を書いたり、大使館に行ったり手間がかかるけど、ESTAはオンラインで簡単に取れます。

だから、学生ビザや就労ビザを持っている人はESTAの申請をする必要はありません。

ESTAがないとどうなるの?

ESTAを取得していない場合、飛行機等の搭乗やアメリカへの入国を拒否されます。

だからビザってことで良いのだという認識で話を進めていこうと思います。

さっき一応(っぽい)って付け加えたけど、外しちゃいます。

ってことで、アメリカ旅行が決定したら迷わずESTA取っちゃおう

アメリカへ行くたびに申請しないといけないの?

一度承認されれば有効期限の2年間使えます。

元を取る必要はないと思うけど、お得な言い方をすれば、使い放題ってことです。笑

ESTA取得の手続きは難しい?

簡単です!

インターネット上で、必要事項を入力して、クレジットカードで支払いをするだけです。

旅行代理店などで代行してくれたり、ビザ代行してる会社もあるんですけど、代行手数料を取られるので、私は自分で手続きしちゃいました。

難しいのは「英語」ってことだけなので!

なんでも経験してみるのが一番っ

ESTAってお金かかるの?

14ドルをクレジットカード決済です。

1ドル100円として考えたら1400円です。

支払い方法はクレジットカード払いになります。

マスターカード、ビザ、アメリカンエキスプレス、ディスカバー(JCBを含む)

米国当局のウェブサイトから申請出来ます。全部英語だけど、翻訳サイト使ったら自分で手続き出来ます。

詳しい申請方法についてはこちらをどうぞ

申請って、通らない場合もあるの?

前科がある人やオーバーステイしちゃった人とかは認証不適合になる可能性があるみたいです。

ESTAが取得できなかったら、通常のビザ申請をしてビザ取得ができるので、落ち込まないでね。

審査には時間がかかるの?

申請審査の結果はネットですぐ確認できます。

審査結果には「認証」「保留」「拒否」の三種類があります。

審査に時間がかかる場合は「保留」となって72時間以内に「認証」か「拒否」の結果が出ます。

なんか更新の場合はお金かからないみたいなんですけど、パスポートも再申請したし、私は多分また14ドル払って申請が必要なはず!
ESTA再申請はお金がかかります。(14ドル)

いつまでに取ったら良いの?

出発の72時間前までに登録申請を!

でも審査に時間がかかる場合、最長で72時間かかるので、もし「保留」になったら、ハラハラしちゃいますよね。

「拒否」なんて結果が出ちゃったら、大使館に行ってビザ申請しなきゃいけないんだから、もう間に合いませんよ。

せっかくホテルもミュージカルも予約してるのに。全てが水の泡に。。。

72時間前までには!って言っているけど「拒否」だったら間に合わないですよね。だって大使館に面倒なビザ申請しに行かなきゃいけないからさ。。

なので「拒否」されそうな心当たりがある方は、一週間くらい前までには登録申請をしておくと安心なのではないでしょうか。

まとめ

  • 海外旅行にはパスポート・ビザが必要。あと航空券(eチケット)
  • パスポートは世界共通の身分証
  • ビザは入国許可証
  • 日本人はビザ免除されている国多数

いつも見ている映画と同じ場所はすぐそこですよっ

それでは楽しい旅行になりますように*・゜

*・゜いってらっしゃいっ*・゜

チェルシー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PR


お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』
航空券の値段を比較して格安航空券を見つける!


海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー
他社ポイントにも交換可能!お得なイーツアーポイント!


ニューヨーク旅行の専門「あっとニューヨーク」
メジャーリーグ・NBA観戦チケットからレストラン予約まで様々な手配を取扱中★


航空大手10社の空席状況が今すぐ分かる!
国内航空券は大黒屋トラベルで予約!24時間ネット注文OK!


国内・海外旅行の予約は【Tポイントが貯まる・使える!】Tトラベル
女子旅特集、お得なツアー特集、多数取り揃え中!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です